かぼちゃぱんつ

RSS

『ゲートボール殺人事件』(ゲートボールさつじんじけん)は花とゆめに連載されていた川原泉の漫画作品。

作中で、ゲートボールのルールの簡単な説明が行われるほか、登場人物をゲートボールのボールに見立てて、ゲートを通過し、ゴールポールを目指すといったようなストーリー展開の比喩も行われている。

春から高校3年生になる若林鈴菜は、町内のゲートボールチーム「猪鹿町エンペラーズ」の一員。貴船組が所有する空き地でゲートボールに興じているチームに、最近新たなメンバー・お小夜さんが加わった。お小夜さんは貴船組の家政婦で、次代組長と目される貴船達也の働き方を心配していた。

一方、貴船組組長・貴船善三は、建物の外から見えるゲートボールの光景を見、「自分も参加したい」と思っていたが、なかなか言い出せずにいた。

そんなある日、組長は思い立って空き地に鉄条網を張りめぐらしてしまう。練習場所をなくした猪鹿町エンペラーズはお小夜さんの手引きを受け、組長に直談判すべく、組長室に乗り込む。が、組長室にたどり着いてみると、組長は頭を鈍器で殴られ死亡していたうえ、お小夜さんが行方不明になっていた。

組長殺害の容疑をかけられたお小夜さんを探しだし潔白を証明するため、猪鹿町エンペラーズの面々は独自に捜査に乗り出す。途中、竜仁会の麻薬取引現場に遭遇したりと、トラブルに遭うも、組長室の隠し室内コートに閉じ込められていたお小夜さんを見つけ出し、貴船善三死亡の真相を聞きだすのだった。

一方、死後の世界では、すっかり丸くなった貴船善三組長が死者仲間や天使とゲートボールを堪能していた。

- ゲートボール殺人事件 - Wikipedia (via petapeta)

人間はどうやって「社会的存在」になるのでしょうか? 端的に申し上げますと、物心がついた時に「安心」しているかどうかで全てが決まります。この「安心」は昨今にメディア上で濫用されている「安心」という言葉が指すそれとは次元が違うものです。自分がこれから申し上げようとしているのは「人間が生きる力の源」とでも表現すべきものです。 乳幼児期に両親もしくはそれに相当する養育者に適切に世話をされれば、子供は「安心」を持つことができます。例えば子供が転んで泣いたとします。母親はすぐに子供に駆け寄って「痛いの痛いの飛んで行けーっ!」と言って子供を慰めながら、すりむいた膝の手当をしてあげます。すると子供はその不快感が「痛い」と表現するものだと理解できます。これが「感情の共有」です。子供は「痛い」という言葉の意味を理解できて初めて母親から「転んだら痛いから走らないようにしなさい」と注意された意味が理解できます。そして「注意を守ろう」と考えるようになります。これが「規範の共有」です。さらに注意を守れば実際に転びません。「痛い」という不快感を回避できます。これで規範に従った対価に「安心」を得ることができます。さらに「痛い」という不快感を母親が取り除いてくれたことにより、子供は被保護感を持ち「安心」をさらに得ることができます。この「感情を共有しているから規範を共有でき、規範を共有でき、規範に従った対価として『安心』を得る」というリサイクルの積み重ねがしつけです。このしつけを経て、子供の心の中に「社会的存在」となる基礎ができ上がります。 またこの過程で「保護者の内在化」という現象が起こります。子供の心の中に両親が常に存在するという現象です。すると子供は両親がいなくても不安になりませんから、1人で学校にも行けるようになりますし、両親に見られているような気がして、両親が見てなくても規範を守るようになります。このプロセスの基本になる親子の関係は「愛着関係」と呼ばれます。 この両親から与えられて来た感情と規範を「果たして正しかったのか?」と自問自答し、様々な心理的再検討を行うのが思春期です。自己の定義づけや立ち位置に納得できた時にアイデンティティが確立され成人となり「社会的存在」として完成します。 このプロセスが上手く行かなかった人間が「生ける屍」です。

- 【黒バス脅迫事件】実刑判決が下った渡邊被告のロジカルでドラマチックな『最終意見陳述』があまりにも切ない | かみぷろ (via otsune)

(出典: autumnspectrum)

今からでも間に合うだろ
次の10年を見ろ

- 【過去】お前らが10年前の自分に言いたいこと 1位「お願いだから貯金して」:キニ速 (via shiraishiunso)

itsmomotaro:

🐰💭

#bunny #うさぎ

itsmomotaro:

🐰💭

#bunny #うさぎ

yskz:

yskz:

wasbella102:

The Book Store by Diva Diva

wasbella102:

The Book Store by Diva Diva