かぼちゃ

RSS

親父の昔の部下が、転勤して行った先で自殺したらしい。

親父のもとにいた時からコミュニケーションが

上手くとれなくて職場でいろいろ苦労したらしい。

「薬を飲み続けてれば本当に自殺しなかったのか?」

とか聞かれた。わからないとしかいえなかった。

親父はふつうの公務員で、

仕事のあまり出来るほうじゃなかったその人に、

いろいろ世話をやいてやったらしい。

「愛想は悪くなかったが、気分の上がり下がりがあった」という。

仕事は一緒に出来てるから、無理に精神科に

引っ張っていくことはなかったけど、

心配はしていたらしい。

親父が言うには、上司として見ていて、

決して仕事が出来るほうじゃないんだけれど、

本人は「出来る」と見られたがっていたらしい。

すごく最初は愛想が良くて、何でもやろうとするけど、

負荷がかかるとすぐ萎んでしまう。

それに助け舟を出して、親父の部署にいた頃は

グダグダだったけど最後まで仕事は全うできたらしい。

移動した先での評価は「明るくて、頑張ってやれている」

との評価だったらしく、心配要らないといわれて

親父はほっとしていたらしいけど、

「グダグダと」だったその彼を「やれている」と見る上司って

要はちゃんと面倒見てないってことだから、

その彼はきつかったんだろうな、

アクセルを吹かし続けて、限界を超えちゃったんだなと思った。

そんな話を実家で飲みながらしていると、親父が

「能力以上に評価を求めてしまうことが、彼自身を追い詰めてしまったんだな」

とか言い出した。親父なりに、その彼が卑屈にならないように

評価しながら出来る仕事を当ててたらしいけど、

本人が「もっと出来る」といいだして、それを与えると自滅する・・・

だからコミュニケーションがとりにくかったらしい。

彼自身の「こんなもんじゃない。俺はもっと認められるべき」

そんな思いが、彼を追い詰めてたんだろうな・・

家族もわかってなかったし・・・・とか話す。

で、「俺は病気のことはわからんけれども、

こういうのが薬を飲めば治るというのはどうも信じられん。

ほんとに薬で治るのか?」とか言われて参ってしまった。

だから精神科は治癒っていえなくて、軽快というんだけど。

しかし、素人の意見は専門家よりずっと本質を突いていると思う。

- 臨床してて思うこと(精神科) Doctors Blog 医師が発信するブログサイト (via petapeta) (via kml) (via jinakanishi) (via quote-over100notes-jp) (via hepton-rk) (via lidentity) (via snaclip) (via yskz) (via narukish) (via soulboy) (via etecoo) (via kiri2) (via clione) (via junsakura) (via yellowblog)

mundoo-anime:

❤ Marika Tachibana ❤

直感は人の理解力を超越した能力ではない。下部意識に蓄積された経験と知覚に基づくものだ。意識的にそれらを使うことはできないが、知識は存在しているので、通路をオープンにすることができればメッセージがそこから送られてきて、決定的なインパルスを受け取ることができる。

- 元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術 / レオ・ マルティン (via ebook-q)

千葉県にあるサマソニ会場で、あらゆるアーティストが”Tokyooooo!!!”と叫ぶなか、Green Dayだけは”Chibaaaaa!!!”と叫んでいた。彼らは東京と千葉の違いを認識している。

- Twitter / tks815 (via gearmann)

僕は自分に決定権がないことは悩まないようにしています。

-

なぜ仕事を選ぶ人は成功できないのか? -対談 弘兼憲史×俣野成敏【3】 | PRESIDENT Online - プレジデント (via shinyasuzuki)

重要

(via odakin)

(出典: quotesquare)

憂鬱な人に言いたいことはただ一つ。 「遠くをごらんなさい」。
憂鬱な人はほとんどみんな、読みすぎなのだ。 人間の眼はこんな近距離を長く見られるようには出来ていないのだ。
(中略)
夜空や水平線をながめている時、眼はまったくくつろぎを得ている。 眼がくつろぎを得る時、思考は自由となり、歩調はいちだんと落ち着いてくる。 前進の緊張がほぐれて、腹の底まで柔らかくなる。 自分のちからで柔らかくしようとしてもだめなのだ。

- 「幸福論」 著:アラン/訳:神谷幹夫/岩波書店 p.172 (via poochin)

ileftmyheartintokyo:

untitled by yuta35 on Flickr.

ileftmyheartintokyo:

untitled by yuta35 on Flickr.

(出典: weheartit.com)

「大切な人が困ってる時はね、私が何とかしてあげよう、じゃなくて、ただ一緒にいればいいんだよ。見捨てなければいいの。見守るの」「大丈夫だよとか頑張れなんていらないの」自身が鬱になり、治って数年後に旦那様が鬱になった友人が、ランチを食べながら何気なく話した言葉。旦那様も今は元気に。

- Twitter / chiyorin_com (via feel-natural)

「自分のファンに向けて描いたら駄目なんだ。それは甘えになっちゃうから。興味もなくパラパラッと流し見てる人の手を止めさせるつもりで描かないと!」っていう車田先生のお言葉が強烈に印象的だった!まさにその力がみなぎってる、車田正美原画展! pic.twitter.com/d4ymOGAuIA

- Twitter / s_i_s_i_n (via 719043)

(出典: hutaba)