かぼちゃぱんつ

RSS

あなたの上司の生き方や考え方も、彼女にとっては正解なのです。自分の選んできた働き方の知恵をあなたに授けたいと考えているのだけれど、あなたの考え方を理解しないで一方的に伝えてしまっているのですね。母親が娘に世話を焼きすぎたり、余計な口出しをしてしまうのと似ているのかもしれません。「うるさいなー」と思う気持ちもよくわかります。「あなたみたいにはなりたくないのよ」と、言いたくなってしまうこともあるかもしれませんね。

でも、ベテラン世代vs.若手世代、ワーママvs.独身女性、バリキャリvs.ゆるキャリ、のように、女性同士が対立構造になって、勝った、負けた、とやったところで、女性に得なことはまったくありません。

「オンナってすぐオンナ同士でもめるよなぁ」とオトコに馬鹿にされるだけです。ましてや、管理職ワーママvs.部下ワーママ、育休3年vs.育休1年未満、フルタイムvs.時短、と細かな対立構造に足を突っ込めば突っ込むほど、私たちの視野は狭くなり、多くのTIPSを受け取ることができなくなってしまいます。

- 40代先輩ワーママがプレッシャーです | 堂薗姐さんに聞け!キャリア女の人生講座 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト (via clione)

owlerart:

eyes and lips doodles

(出典: syflove)

今の若者が欲しいのは、もう「もの」ではないのだ。ものならいくらでもある。彼らが欲しがっているのは、「暖かさ」とか、「親しさ」とか、「楽しさ」とかであり、「熱狂」「感動」「静寂」「安心」といった抽象的なものなのだ。それらは「もの」からは、もう得られない。何故なら、彼らの周りには、既に「もの」が波のように押し寄せていて、彼らにどっぷり浸かっている。そして、その波に向かって、「自発」という小さなボードでサーフィンがしたいと憧れて眺めている。そんなふうに波(沢山のもの)を見ているのだ。

- MORI LOG ACADEMY: ものを欲しがらない若者 (via floralia) (via kasei-san) (via handa) (via rnyhrt) (via coloredbyt) (via gkojay) (via motomocomo)

凄いなフジテレビ。上から下まで頭がおかしい。

- 【捜査書類を送付】「器物損壊 山P容疑者の書類送検(在宅送致)」報道に苦渋するフジテレビが新語「警視庁が捜査書類を送付した」開発!絶体絶命のピンチを切り抜ける:Birth of Blues (via mysamplings)

prettycolors:

#0f8053

prettycolors:

#0f8053

rokuthecat:
Cat by Dawn_Derbyshire animal,cat,cats,digital,digital photography,pet,photo,photograph,photographer,photography

rokuthecat:

Cat by Dawn_Derbyshire

animal,cat,cats,digital,digital photography,pet,photo,photograph,photographer,photography

最近炊飯器でケーキ作るのにハマってるけど、炊飯時間が『32分で炊き上がります』って言ってるのに確実に一時間くらいかかる。しかもだんだん長くなってる気がする。炊飯器側も「米だと思って炊いてっけどコレ米じゃねーな」と感づいてるっぽい。

- Twitter / Ssuke (via whyareyouwanazawasan)

うちわは×だが、うちわビラは○ 高知県内選挙でも配布

 松島みどり法相の辞任のきっかけは、「うちわ」の配布だった。有権者に対する寄付を禁じた公選法に抵触する可能性があるという指摘の一方で、丸型の厚紙に政策などを印刷した「うちわ型ビラ」は、近年の国政選挙の際に高知県内でも配られている。

 松島法相が選挙区内の夏祭りで配った「うちわ」には、しっかりとした柄が付いていた。民主党の蓮舫参院議員は、これを金銭的な価値がある「有価物」とし、寄付に当たると指摘した。

 ただ、当の蓮舫氏も過去の選挙で「うちわ型ビラ」を配布している。

 高知県内でも2009、2012年の衆院選で自民党の福井照氏(高知1区)が、2010、2013年の参院選で自民党の高野光二郎氏(高知県選挙区)がそれぞれ「うちわ型ビラ」を配布。公明党、共産党、社民党の県内組織は「配ったことがない」とするが、民主党は比例代表候補が集会などで配布したことがある。

 この「うちわ型ビラ」の考案者は、2009年の衆院選で自民党高知県連の相談役を請け負った選挙プランナーの三浦博史氏(63)=東京都。「炎天下の街頭演説では、聴衆が手やチラシで一生懸命にあおいでいる。それにヒントを得た」といい、2005年の衆院選から全国に広めてきた。

 選挙の法定ビラはA4サイズ以内と定められているが、厚みや形状の規定はない。三浦氏は公選法特有のこうしたグレーゾーンに着目。「厚紙で、指を入れられる穴が開いているから、たまたま『うちわ』としても使えるという形にした」

 一方、三浦氏は選挙区ごとに管轄の選挙管理委員会に確認して配っているという。

 松島法相の問題は「うちわに政治家の顔と名前を書いただけ。あれでは選管もOKしない。コンプライアンス(法令順守)を重視すべき法務大臣として明らかにまずい」と指摘している。(以下略)

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=327802&nwIW=1&nwVt=knd

蓮舫 @renho_sha 13:35 - 2014年10月21日

暇のある方の多いこと…
https://twitter.com/renho_sha/status/524418745993670656

- 【サヨク速報】うちわで大臣を辞任に追い込んだ蓮舫先生、反発するツイッター民に「暇のある方の多いこと…」 (via hizayamasan)

unexplainablechristine:

smithegreens:

SILENT BREEZE  一日目昼 (by loomer_)

ooo i wanted to wear that costumes too

unexplainablechristine:

smithegreens:

SILENT BREEZE  一日目昼 (by loomer_)

ooo i wanted to wear that costumes too